RoboCup関係のソフトウェアのPortageです。 rcssserver3dの依存関係が凄いことになってインストールするだけでも大変なので作ってみました。

Gentoo Linux環境の構築

Gentoo Linuxをインストールして下さい。

別のLinuxを使っていてGentooのインストールが面倒な方はchrootを使えば簡単に構築することができます。 (ただし利用する度にchrootする必要があります。) (この方法は「可能だ」というだけでお勧めできません。別の方法を近いうちに紹介する予定です)

作業例:pentium4の場合
# mkdir /var/gentoo
# cd /var/gentoo
# tar jxvpf /path/to/stage3-pentium4-2004.2.tar.bz2
# cp /etc/resolv.conf /var/gentoo/etc
# mount -t proc proc /var/gentoo/proc
# chroot /var/gentoo /bin/bash
# env-update
# . /etc/profile
# emerge sync

laymanのインストール

PORTAGE_OVERLAYを管理するlaymanをインストール、設定する。

emerge

インストールはemergeするだけ

emerge -va layman
echo "source /usr/portage/local/layman/make.conf" >> /etc/make.conf

/etc/layman/layman.cfg

RoboCupPortage?をlaymanで管理できるよう設定します。 /etc/layman/layman.cfgのコメントを参考に以下のように変更

  #-----------------------------------------------------------
  # URLs of the remote lists of overlays (one per line) or 
  # local overlay definitions
  #
  #overlays  : http://www.gentoo.org/proj/en/overlays/layman-global.txt
  #            http://dev.gentoo.org/~wrobel/layman/global-overlays.xml
  #            http://mydomain.org/my-layman-list.xml
  #            file:///usr/portage/local/layman/my-list.xml
  
  overlays  : http://www.gentoo.org/proj/en/overlays/layman-global.txt
+            http://svn.sourceforge.jp/svnroot/rc-oz/robocup_overlays/overlays.xml

設定が正しければ以下のコマンドで表示されるリストの中にrobocupエントリが含まれる

$ layman -L
    :
* robocup                   [Subversion] (source: https://svn.nue.ci.i.u-tok...)
    :
    

RoboCupPortage?ツリーの管理

ダウンロード

layman -f -a robocup

最新版に同期

layman -s robocup
-or-
layman -s

インストールされるパッケージの確認

# emerge -pv rcssserver3d

PORTDIR_OVERLAYが設定されていれば、パッケージ間の依存関係をたどって、rcssserver3dが依存していて、インストールされていないパッケージが一覧表示されます。

These are the packages that I would merge, in order:

Calculating dependencies ...done!
[ebuild  N    ] dev-ruby/ruby-config-0.2   [empty/missing/bad digest]
[ebuild  N    ] sys-libs/db-1.85-r1   264 kB
[ebuild  N    ] sys-libs/gdbm-1.8.0-r5  +berkdb -static  130 kB
[ebuild  N    ] dev-lang/ruby-1.8.1-r7  +cjk -socks5 -tcltk  2,535 kB
[ebuild  N    ] dev-java/java-config-1.2.6   12 kB
[ebuild  N    ] dev-java/blackdown-jdk-1.4.1  -doc  118,889 kB
[ebuild     U ] dev-libs/expat-1.95.7 [1.95.6-r1]  289 kB
[ebuild  N    ] robocup-base/spades-1.0   949 kB [1]
[ebuild  N    ] dev-libs/boost-1.31.0  -icc  6,815 kB
[ebuild  N    ] robocup-base/robocup-env-1.0   [empty/missing/bad digest] [1]
[ebuild  N    ] robocup-base/rcssbase-9.4.5   414 kB [1]
[ebuild  N    ] media-libs/jpeg-6b-r3   598 kB
[ebuild  N    ] media-libs/libpng-1.2.5-r8   369 kB
[ebuild  N    ] media-libs/freetype-2.1.5-r1  -bindist +cjk -doc +zlib  830 kB
[ebuild  N    ] media-gfx/graphviz-1.10  -tcltk  3,278 kB
[ebuild  N    ] app-doc/doxygen-1.3.7  -doc -qt -tetex  2,335 kB
[ebuild  N    ] x11-misc/ttmkfdir-3.0.9-r1   19 kB
[ebuild  N    ] media-libs/fontconfig-2.2.2   726 kB
[ebuild  N    ] x11-base/opengl-update-1.7.2   [empty/missing/bad digest]
[ebuild  N    ] x11-base/xorg-x11-6.7.0-r1  -3dfx -3dnow +cjk -debug -dlloader \
  -doc -ipv6 -mmx +nls +pam -sdk -sse -static  71,880 kB
[ebuild  N    ] media-libs/glut-3.7.1   2,479 kB
[ebuild  N    ] app-arch/rpm2targz-9.0-r2   2 kB
[ebuild  N    ] sys-apps/utempter-0.5.5.5   20 kB
[ebuild  N    ] x11-terms/xterm-191  -Xaw3d +truetype -unicode  655 kB
[ebuild  N    ] dev-games/ode-0.5-r1  -debug -doc  1,670 kB
[ebuild  N    ] robocup-base/rcssserver3d-0.3   1,069 kB [1]

Total size of downloads: 216,239 kB
Portage overlays:
 [1] /home/robocup/portage

ここで、もし何か問題があれば以下のようなエラーメッセージが表示されます。

These are the packages that I would merge, in order:

Calculating dependencies -
!!! all ebuilds that could satisfy ">=dev-libs/expat-1.95.7" have been masked.
!!! possible candidates are:
- dev-libs/expat-1.95.7 (masked by: ~keyword)
!!!    (dependency required by "robocup-base/spades-1.0" [ebuild])

!!! Error calculating dependencies. Please correct.

2004年8月の段階でrcssserver3dをインストールするには/ets/portage/package.keywordsに以下の設定が必要です。

dev-libs/expat  ~x86
dev-games/ode   ~x86

インストール

インストールされるパッケージが確認できたら実際にインストールを行ないます。

# emerge rcssserver3d

これで必要なパッケージは自動的にダウンロード,コンパイル,インストールされます。

Xのように大きなパッケージはコンパイルに時間がかかりますからコンパイル済のGRPパッケージを利用すると幸せになれるかもしれません。

実行

agenttestで実行してみる場合:

$ rcsoccersim3D -agentdb /opt/robocup/share/rcssserver3d/agentdb.xml.sample

自分のエージェントを動かす場合:

  1. /opt/robocup/share/rcssserver3d/agentdb.xml.sample をコピーしてくる
  2. 自分のチームにあわせてagentdb.xmlを作成する
  3. 作成したagentdb.xmlを rcsoccersim3D の起動時にオプションで渡す

添付ファイル: fileRobocupPortage-20050318.tar.bz2 700件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-05 (月) 14:29:31 (1015d)