Gentoo Linux 向に作った RoboCupPortage? ですが、現在Gentooにて開発中の PortagePrefix を使って、Gentoo 以外のディストリビューションでも利用できるようにしてみました。

News

  • rcssserver3d/Manifestに問題がありインストールが上手くいかないことがあります。修正しましたので、インストールに失敗した方は下記アップデートの方法にしたがってアップデートしてみて下さい。2006/11/17

portage_prefix環境の構築

/PATH/TO/GENTOO,/PATH/TO/PORTAGEは自分の環境に合わせて変更して下さい。 またroot権限は必要ありません。

bootstrapスクリプトの入手

添付のスクリプト

またはその最新版 をダウンロードする。

動作確認は添付のスクリプトで行なっています。

スクリプト実行

スクリプトを実行すると、portage が使う gcc その他を/PATH/TO/GENTOO 以下にインストールします。ですので多少時間がかかります。

$ ./bootstrap-prefix.sh /PATH/TO/GENTOO

添付スクリプトを使った場合では更に以下が必要、最新版でも /PATH/TO/GENTOO/usr/bin/sed が /PATH/TO/GENTOO/usr/lib/portage/bin/sed への symlink になっている場合は必要

$ ./bootstrap-prefix.sh /PATH/TO/GENTOO sed

/PATH/TO/GENTOO/usr/bin をPATHに追加

.profile などのPATH設定にて

export PATH=$PATH:/PATH/TO/GENTOO/usr/bin

などと設定

Portツリーをダウンロード

Subversion で竹内研のレポジトリからダウンロード

$ cd /PATH/TO/PORTAGE
$ svn co https://svn.nue.ci.i.u-tokyo.ac.jp/repos/robocup-portage/trunk/portage_prefix

設定ファイル

/PATH/TO/GENTOO/etc/make.conf

portage関係の設定、最低限の設定はされているので次の設定を追加する。 インストール直後の設定

ACCEPT_KEYWORDS="~x86 x86"
DEFAULT_PATH="/PATH/TO/GENTOO/sbin:/PATH/TO/GENTOO/bin:/PATH/TO/GENTOO/usr/sbin:/PATH/TO/GENTOO/usr/bin:/PATH/TO/GENTOO/usr/lib/portage/bin:/bin:/usr/bin:"
SYNC="rsync://not-yet-available/sorry"

以下を追加

PORTDIR_OVERLAY="/PATH/TO/PORTAGE/portage_prefix" # RoboCupPortagePrefixの場所の指定 
LDFLAGS="-L/usr/X11R6/lib" # リンク時ライブラリパスの設定
CFLAGS="-O2 -march=i686 -pipe" # gcc-4.1.1 にて -mcpuが無くなったため-marchに
CXXFLAGS=${CFLAGS}

/PATH/TO/GENTOO/etc/portage/profile/package.provided

RoboCupPortagePrefix? では rcss{server3d | server | monitor | base}, ode, spades 以外のパッケージはOSに入っているものを使うので、何が入っているのかを portage に知らせておく。

FedraCore?-4, OpenSUSE-10.1では次の様に設定

X11-base/xorg-x11-6.8
virtual/x11-6.8
virtual/opengl-0.0
x11-libs/libX11-0.0
x11-proto/xproto-0.0
media-libs/glut-0.0
dev-libs/boost-1.32.0
dev-lang/ruby-1.8.4

付いてるバージョンは特に正確でなくてもよい。

rcssserverのインストール

インストールされるパッケージの確認

$ emerge -pv rcssserver

These are the packages that would be merged, in order:

Calculating dependencies... done!
[ebuild   N   ] sci-misc/rcssbase-10.0.11  0 kB [1]
[ebuild   N   ] sci-misc/rcssmonitor-10.0.0  0 kB [1]
[ebuild   N   ] sci-misc/rcssserver-10.0.7  0 kB [1]

Total size of downloads: 0 kB
Portage overlays:
 [1] /PATH/TO/PORTAGE/portage_prefix
$ emerge -pve rcssserver3d
These are the packages that would be merged, in order:

Calculating dependencies... done!
[ebuild   N   ] dev-libs/expat-2.0.0  0 kB
[ebuild   N   ] sci-libs/spades-1.10  0 kB [1]
[ebuild   N   ] dev-games/ode-0.5  USE="-debug -doc -double-precision" 0 kB [1]
[ebuild   N   ] sci-misc/rcssserver3d-0.5.2-r1  USE="-doc -kerosin -static" 0 kB [1]

Total size of downloads: 0 kB
Portage overlays:
 [1] /PATH/TO/PORTAGE/portage_prefix

インストール

$ emerge rcssserver rcssserver3d

アップデート

パッケージが更新された場合、Portツリーを更新してインストールと同様の方法でバージョンアップすることができます。

# Portツリーの更新
$ /PATH/TO/PORTAGE/portage_prefix
$ svn up

# パッケージの確認
$ emerge -pv rcssserver rcssserver3d

# 最新版にアップデート
$ emerge rcssserver rcssserver3d

コメント

動いたディストリビューション等の動作報告していただけると助かります。 質問はSimJP-MLの方にお願いします。


添付ファイル: filebootstrap-prefix-20061108.sh 1287件 [詳細] filebootstrap-prefix-20061116.sh 1278件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-05 (月) 14:29:31 (346d)