Event/2010/JapanOpen

ルール

  • サーババージョン:14.0.x
  • ソースコードの変更は随時可能
  • 試合呼び出しを受けたチームは,速やかにエージェントをサーバに接続させること
  • すぐにサーバ接続できないと判断されたチームはその試合を棄権とみなす
  • 試合の勝者は次の試合の審判をする
    • 審判の仕事
    • 競技が公正かつスムーズに進行するよう努める
    • 試合前:チームの呼び出し,サーバの起動確認,試合開始
    • 試合中:膠着状態でのドロップボール(ほとんど無いと思います)
    • 試合後:両チームにスコア確認
    • その他トラブル処理
  • 試合の敗者は試合結果を報告する
  • 延長戦の決着方法として世界大会でゴールデンゴール方式を使わない可能性が高い(server::golden_goal = false)ので,それに倣うかもしれない

各チームが用意するもの

  • クライアント用 PC (複数可)
  • ネットワークケーブル(20m 以上あった方が無難.カテゴリ6以上を推奨)
  • 電源タップ(長め推奨)
  • ポスター,A2 以上(見本を参考にしてください.去年はこのファイルをA1に拡大印刷しました)
  • チーム紹介用スライド(5分程度.プロジェクタを使用します)
  • 必要に応じて,チーム用ハブとネットワークケーブル,電源タップ

競技日程

予定通りには競技を進められないこともあります.あらかじめご了承下さい.

5月2日(日)

予選リーグ

5月3日(月)

予選リーグ

5月4日(火)

決勝ダブルエリミネーション(予選リーグの結果に基づいて対戦決定)


添付ファイル: fileポスター見本(opuCI09).ppt 496件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-05 (月) 14:29:30 (1240d)